月別アーカイブ: 2014年11月

大阪出張から戻って明日からの仕事の第一は…

皆さまこんにちわ、TSPコンサルティング代表の佐藤です。

 

いつもこのブログでは仕事の話か経済の話で堅いお話が多いので、今日はプライベート時々仕事と言う内容でお送りします。

 

日曜日から2泊3日で大阪へ出張でした。非常に良い環境で仕事が出来まして、仕事へのヤル気もUPする出張ですが、昨日の未明に戻りました。出張明けにやることはたいてい相場が決まっていて、

しこたま購入したお土産を持参して、得意先周り。
であります。写真は買い込んだお土産の一部です。可愛いやつを中心に撮影しております(笑)

 

大阪土産

日々元気に仕事をさせて頂けるのは、贔屓にしてくださるクライアントあってのもの。間もなくお歳暮シーズンですが、それとは別に、毎回の出張の度にクライアントへのお土産運びを続けております。
今年の出張は今回で最後と思われますが、気付けば今年は出張を減らしたお陰で、外泊での出張は50日以内にセーブする事が出来ました。昨年の半分です。

会社業務に専念出来る体制になったことを素直に大切にしたいと思います。

 

本日もありがとうございます。

直近開催のセミナー情報

◆11月22日(土)
ビジネス教育出版社様にて講演します。
10:00~13:00
[[FPとして知っておきたい中古不動産の見極め方「15のコツ」 http://www.bks.co.jp/seminar/s11/FDS-TAKESHI-SATO-20141122.html]]

14:00~17:00
[[ビル管理現場から伝えるビルオーナーへの提案~相続・資産運用~ http://www.bks.co.jp/seminar/s11/RNR-TAKESHI-SATO-20141122.html]]

 

執筆者:
TSPコンサルティング株式会社
代表取締役  佐藤 毅史

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

皆様こんにちわ、TSPコンサルティングの佐藤です。

 

世間は3連休という事ですが、今回の3連休はお天気的には恵まれずで外出の足も重くなりそうですが、皆様は如何お過ごしでしょうか?

さて、金曜日にサプライズ的に行われた日銀の黒田総裁による追加の金融緩和。

インフレ2%目標達成を掲げている政府としても、何としても達成したいのでしょうか。もはや政府の市場操作ともいえる株価高揚策は、一部上場企業のオーナーの個人資産の拡大(楽天の三木谷さん他)とそこで働く人たちの持株会を潤していますが、日本の99%以上を占める中小企業においては、仕入れコストの増加でしかない訳で、まったく意味がありません。

 

良く日本の景気を飛行機に喩える事が有ります。つまり、飛行機の離陸と着陸における前後の車輪について、

離陸時は、先に前輪が陸から離れて、最後に後輪が離れます。

企業においては、前輪を大企業、後輪を中小企業として、大企業(前輪)が、景気回復の上昇気流に乗り、最後に中小・零細企業となります。そして、好況の終焉についても、飛行機であれば、後輪から着陸して、最後に前輪が着陸する。

中小企業が好況の恩恵を一番最後に受けるが、終わりも一番早い。

そして、大企業は真っ先に株価先行の恩恵を受ける。

弊社では金融機関職員向けの研修事業等を通じて中小・零細企業へ融資をする融資課や取引先係の職員との交流、顧問先企業との打合せの中で、とても深く疑問に思う事が有ります。

それは、本当に日本経済はメディアで言う所の様に景況感が良くなっていないのではないか!?

という事です。富める者が益々富み、貧しめる者はより一層貧しくなる。

消費税の引き上げが来年の4月の時点で判断がなされる中で、その実施への布石なのか、景気が良いと多くの国民の内閣支持率が上がるからか、今回の追加緩和には、多くの懐疑と疑念、畏怖の念を抱く自分としては、非常に複雑な思いでその相場を見ております。

浮かれるべからず、慎ましやかに堅実であれ。

浮かれて大量消費使い捨てのアメリカ型になる必要は無いと思うのです。

人口が減っていくなれば、その中で上手く回せる経済であれば良い。無理をすれば、その反動、いわゆるひずみが必ず発生します。それこそ、爆発的に膨れ上がった国債残高が良い証明ではありませんか!?

この国が本当の意味で良くなることを願うのであれば、やはり、適正化が肝心だと思うのです。大きくなるのは大いに結構ですが、規模には適正という‘値’があるのです。

週明けの日経平均はニューヨークDJIが史上最高値を更新したことを背景に17,000円を超えるものと想定されますが、この作り込まれた虚構市場は果たして何年続くのでしょうか…。。

 

そんなことを考えながら、自分の投信もそこそこ上昇したらば、利確しようと、少し思う自分であります。

 

こちらは、ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン氏の記事です。なかなか面白い。英訳を詠んでないのですが、日本語訳でも十分です。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40411

最後まで購読ありがとうございました。

 

執筆者

TSPコンサルティング株式会社

付加価値評論家®  佐藤 毅史